パブリックコメントスタート|エネルギー基本計画2021-09-13T10:22:52+00:00

私たちにできること
声を届けること

これまで署名などを通して声を伝えてきた、「第6次エネルギー基本計画」。
この計画の素案がまとまり、広く市民の声を募るパブリックコメントがはじまりました。

これまでの審議会の議論では、国際的な流れでもある「石炭火力ゼロ」に取り組む意思は示されず、多くの問題を抱える原発を利用し続ける(2030年に20~22%)ことが想定され、今まさに行うべきエネルギー転換が先送りしようとするものでした。このままでは、気候危機を回避するだけでなく、私たちやこれからを生きる人たちの未来が犠牲になってしまいます。

パブリックコメントは、誰でも、そして簡単に、私たちの声を伝えることのできるチャンス。
“冬を守るため“に、POWと一緒にパブコメを出してみませんか!
パブリックコメントは10月4日まで。

❄︎ POW JAPANは「あと4年、未来を守れるのは今」キャンペーンの呼び掛け団体として、エネルギー基本計画に対して声を届けてきました。これまでの歩みはこちらから

マンガ協力:EN

(左にスクロールして読む)

パブリックコメントの締め切りは10月4日(月)まで!

エネルギー基本計画素案やパブリックコメントの書き方のポイントについて、「あと4年、未来を守るのは今」の特設ページをご覧ください。

コメントページには、どうやっていけばいいの?

こちらのページにアクセスして、意見公募要領意見様式 を開いたうえで、ページ下部のチェックボックス「