Loading...
HAKUBA VALLEY 自然エネルギー応援署名2020-11-01T21:33:21+00:00

HAKUBA VALLEY 100%自然エネルギー 応援署名

HAKUBA VALLEY
100%自然エネルギー 応援署名

全国から14,509通集まる
HAKUBA  VALLEY 再エネ転換への後押しへ

目的は「HAKUBA VALLEYのスキー場が自然エネルギー(再生可能エネルギー)100%で
運営されることを応援する多くの声を集めること

雪と向き合うスキーヤー/スノーボーダーは、地球温暖化の進行を、その一つの象徴である「雪」(もしくは「冬」)というバロメーターからいち早く肌で感じてきました。そして、その多くはスキー場での体験です。

私たちに自然との接する場を提供してくれるスキー場が、率先して気候変動対策に取り組み、自然環境を守り、雪文化を繋いでいく。それをスキーヤー /スノーボーダーが応援する。そんな未来を共に描くために、このような応援署名を企画しました(集計期間:2019年11月〜2020年2月)。日本ではまだ前例のない取り組みのため、モデルケースとなるような成功事例を作り出すことが、全国のスキー場に広まっていくカギを握っています。類稀な山岳地形と豊富な雪によって国内外の多くの滑り手を魅了するHAKUBA VALELYは、そのモデルとしてふさわしいスノーエリアだと言えるでしょう。

今回の趣旨にご賛同いただき、応援署名にご協力いただいた全国14,509名の方々に心より感謝いたします。10月29日に発表されたHAKUBA VALLEY TOURISM SDGs宣言の中で、索道事業者の中期目標として「2025年までに、エリア内全スキー場が電力の再生可能エネルギーへの切り替えを進めている」という文言が加えられたことは、世界を見渡しても画期的なことであり、このような決断に至ったHAKUBA VALLEYに感謝とエールを送ります。
HAKUBA VALLEY TOURISMのSDGs宣言の詳細はこちらをご覧ください

決して実現の難しい努力目標ではなく、すでにHAKUBA VALLEYの複数のスキー場がこの取り組みを推し進めています。白馬八方尾根スキー場はリフト9基(全体の約50%)、エイブル白馬五竜スキー場はナイターゲレンデ全てがこの冬営業から再生可能エネルギーに切り替わります。また、白馬岩岳スノーフィールドもレストハウスなどの施設から優先的に再エネ切り替えを進めています。HAKUBA VALLEYは「冬を守るために」、着実に行動を起こしているのです。

冬を愛する一人ひとりの思いと行動が、変化を起こす

今回の署名はHAKUBA VALLEYに宛てられたものでしたが、その想いやメッセージは全国のスキー場に向けられたものと理解しています。このような動きが広く知れ渡ることで、他エリアにも波及していくことを期待しています。

今回の署名キャンペーンでは、一人ひとりが声を上げること、それが社会の変化をもたらす原動力になることが実証されました。気候変動の問題解決への道は長く、険しいものであることには変わりありませんが、みなさんと共に踏み出した大きな一歩を祝福しましょう!

全国から14,509通集まる
HAKUBA  VALLEY 再エネ転換への後押しへ

目的は「HAKUBA VALLEYのスキー場が自然エネルギー(再生可能エネルギー)100%で運営されることを応援する多くの声を集めること

雪と向き合うスキーヤー/スノーボーダーは、地球温暖化の進行を、その一つの象徴である「雪」(もしくは「冬」)というバロメーターからいち早く肌で感じてきました。そして、その多くはスキー場での体験です。

私たちに自然との接する場を提供してくれるスキー場が、率先して気候変動対策に取り組み、自然環境を守り、雪文化を繋いでいく。それをスキーヤー /スノーボーダーが応援する。そんな未来を共に描くために、このような応援署名を企画しました(集計期間:2019年11月〜2020年2月)。日本ではまだ前例のない取り組みのため、モデルケースとなるような成功事例を作り出すことが、全国のスキー場に広まっていくカギを握っています。類稀な山岳地形と豊富な雪によって国内外の多くの滑り手を魅了するHAKUBA VALELYは、そのモデルとしてふさわしいスノーエリアだと言えるでしょう。

今回の趣旨にご賛同いただき、応援署名にご協力いただいた全国14,509名の方々に心より感謝いたします。10月29日に発表されたHAKUBA VALLEY TOURISM SDGs宣言の中で、索道事業者の中期目標として「2025年までに、エリア内全スキー場が電力の再生可能エネルギーへの切り替えを進めている」という文言が加えられたことは、世界を見渡しても画期的なことであり、このような決断に至ったHAKUBA VALLEYに感謝とエールを送ります。
(HAKUBA VALLEY TOURISMのSDGs宣言の詳細はこちらをご覧ください)

決して実現の難しい努力目標ではなく、すでにHAKUBA VALLEYの複数のスキー場がこの取り組みを推し進めています。白馬八方尾根スキー場はリフト9基(全体の約50%)、エイブル白馬五竜スキー場はナイターゲレンデ全てがこの冬営業から再生可能エネルギーに切り替わります。また、白馬岩岳スノーフィールドもレストハウスなどの施設から優先的に再エネ切り替えを進めています。HAKUBA VALLEYは「冬を守るために」、着実に行動を起こしているのです。

冬を愛する一人ひとりの思いと行動が、変化を起こす

今回の署名はHAKUBA VALLEYに宛てられたものでしたが、その想いやメッセージは全国のスキー場に向けられたものと理解しています。このような動きが広く知れ渡ることで、他エリアにも波及していくことを期待しています。

今回の署名キャンペーンでは、一人ひとりが声を上げること、それが社会の変化をもたらす原動力になることが実証されました。気候変動の問題解決への道は長く、険しいものであることには変わりありませんが、みなさんと共に踏み出した大きな一歩を祝福しましょう!

全国から集まった応援メッセージ(一部抜粋)

全国から集まった応援メッセージ
(一部抜粋)