ショップオーナーに聞く! 「中島屋旅館(長野県・野沢温泉村)」

ショップオーナーに聞く! 「中島屋旅館(長野県・野沢温泉村)」 Hitomi Suzuki 「ショップからはじめよう!」Retail Programに参加してくださっている「中島屋旅館」さん(長野県/野沢温泉村)にお邪魔して、若旦那の河野亮介さんと若女将の河野由貴子さんにお話を伺いました。 若旦那の河野亮介さんと若女将の河野由貴子さん まずは中島屋旅館について教えてください 野沢温泉村の温泉街にある源泉掛け流しの宿です。1913年創業、今年で108年目を迎えます。小さくて素朴な宿だからこそできるおもてなしや、お客様とのコミュニケーションを大事にしたいと思っています。また、良質な源泉かけ流しの温泉と共に、「野沢温泉ならでは」を楽しんでもらうために地元で採れた食材や、地元にちなんだものを使ったお料理をお出しするなど、「その土地を味わう」という旅の醍醐味や本質を感じていただける宿を目指しています。 若旦那は野沢温泉が地元なんですね? はい、小さなころから自然の中で遊ぶのが大好きで、冬はクロスカントリースキー競技に打ち込んでいました。大学進学を機に野沢温泉を離れ、長野で就職した後、国内のいくつかの温泉地の旅館や宿で修行を積んで、2009年に野沢温泉へ戻り、両親と若女将と一緒に中島屋旅館でお客様をお迎えしています。 POWの存在は知っていましたか? スノーボード雑誌やメディアを通してジェレミー・ジョーンズを知り、彼が米国で立ち上げたPOWに興味を持っていたので以前から知っていました。POW JAPAN立ち上げの際に、若女将(由貴子さん)にアンバサダーにならないか、と声がかかったこともあり、POW JAPANの存在も気になっていました。 Retail Programへ参加しようと思ったきっかけは? 僕自身もスノーボードが好きで、雪山が好きです。だから冬を守るために何かアクションを起こしたいと思っていました。一方で、旅館業はどうしても余剰食材の廃棄もあるし、電気ももちろん使用する。環境に負荷をかけながらも、気候変動問題に対してアクションを起こすという矛盾を感じていたこともあり、一歩踏み出せずにいました。しかし、若女将がPOW JAPANのアンバサダーとなり、POWのメンバーとも会話がはじまったことを通して、少しでも協力できればと思いはじめました。旅館としてお客様へのおもてなしは変えずに、できることをやろうと考えたときに、このRetail Programに参加しようと決めました。 このプログラムに参加してから、お客様との会話の中で何か変化はありましたか? POWの話をするきっかけにもなりますし、気候変動問題に興味も持たれているお客さまと話す機会が増えました。短い時間の会話で、深い話ができなかったとしても、その会話が「きっかけ」を与えられていると思います。 冬や滑るのが好きという人はもちろん、グリーンシーズンのお客様や年配の方も目をとめてくださり、「こういうの大事だよね」とステッカーを手にとってくださる方もいらっしゃいます。 それから、ブローシャーとステッカーを置いているだけでは伝わらないかなと思い、オリジナルのパネルを作って展示しています。この旅館でPOWのロゴが目に入ったことで、次にどこかでPOWのロゴを見たときに、『あ、中島屋旅館でも見たな』というきっかけになればと思っています。 オリジナルのパネルを作成し展示してくださっていました。 宿でのアクションについてもわかりやすく紹介されています! 旅館として、何か具体的な取り組みはされていますか? 旅館で使用する電気を再生可能エネルギー由来の電力を供給する「みんな電力」に切り替えました。館内の照明のほとんどをLEDに切り替えたり、節電のために休館日や空いているお部屋がある場合はコンセントを抜くなど、できる限りのことをしています。 すばらしいですね!この取り組みについて紹介されているパネルも素敵です! 電気の切り替えについて、「やっと電力を変えましたよ、すごい簡単でしたよ」という話をお客さんとすることもあります。小さなことでも気候変動への取り組みになることを知ってもらうきっかけになればと思っています。 「冬を守る」ためのアクションについて、どのような思いをもたれていますか? 自分の場合は、旅館でもアクションをしたいと思いながら、躊躇していたけれど、若女将がアンバサダーになったことで後押しされました。 旅館の電気を再エネに切り替えたり、照明をLEDに変えるなどの具体的なアクションは、どれも簡単にできることだったので、ぜひ他の事業者さんにもトライしてみてほしいと思っています。この旅館の取り組みだけでは小さな効果かもしれないけれど、自分たちの取り組みを発信したり、地域で取り組んでいければ、その効果は大きくなるので、地域の人を巻き込んでいきたいと思っています。 きっかけはどこにあるかわからないけれど、いつでも目に入るところに「サイン」を置くことでそのきっかけになればと思っています。そういう意味で、このプログラムは簡単にはじめられたので、とてもよかったです。もっと早くやっていれば、より多くの方と会話もできたし、気候変動に対してもアクションを起こせたと思うので、興味があるショップの方はぜひやってみてください! 中島屋旅館さん、貴重なお時間をありがとうございました! POW JAPANの活動や気候変動問題についてご紹介いただいているだけでなく、様々な葛藤と向き合い、考え抜いたうえで「できること」から取り組まれている姿勢が、とてもクールでした。きっとこの姿が、誰かの後押しになるはず。このプログラムにご参加いただいている全国のショップさまのおかげで、気候変動問題やPOW JAPANの活動に興味を持ってくれたり、行動を起こしてくれる仲間が増えていることを、心から感謝いたします! Retail Programに参加してみませんか? どんなお店でも大丈夫。 雪を守る、冬を守るという熱い想いを持ったオーナー様、スタッフ様が経営するスキー/スノーボードショップやアウトドアショップはもちろん、飲食店や美容室、歯医者さんまで多種多様なショップさまにご協力いただいています。詳細はこちらから!

ショップオーナーに聞く! 「 Loyle(新潟県・六日町)」

ショップオーナーに聞く! 「Hair Salon Loyle(新潟県・南魚沼)」 Kenji Kato Retail Programにご参加いただいている新潟県の美容室「Loyle」さんにお邪魔して、ショップオーナーの堀口さんにインタビューをさせてもらいました! まずはお店の紹介をお願いします。 南魚沼市の六日町にあります、美容室Loyleといいます。オープンして今年の6月の末で10年になりますね。元々1人で始めたお店で、今は3人でやってます。美容学校を卒業して、他の美容室で修行して、独立するタイミングでこの地元で開業しました。地元でお店を開きたかったのもあるのですが、何よりスノーボードが好きで、滑れる環境に身を置くためにも地元に戻ってきました。それが強いですね。 じゃあ昔からずっと地元で滑ってきたんですね? そうですね、中学生からずっとです。同級生にもプロスノーボーダーがいますね。石打や湯沢を滑っています。今はお店もあるんで、休みの日に滑りに行く感じですね。 POWを知ったきっかけは? それがですね、地元のショップだったのか、DIGGIN’ MAGAZINEだったのか、はっきりとは覚えていないのですが、ホームページに行き着きました。今年は特に雪が降らなくて、お店のお客さんともそんな会話が多かったですね。このままではヤバイだろう、そう思っていたらアンテナに引っかかりました。何かできることがあるだろうと思い、サポーターになりました。僕自身、力になれるなら賛同しようと、自然な流れで。 活動をご支援いただき、ありがとうございます。 たしかに、美容師さんはお客さんと話す時間も長いですもんね そうですね、「雪少ないよね」って、なんとなく暗いイメージで会話が終わってしまうのも、なんだかなぁ、と。だからPOWは話のネタというか、お客さんとの会話のテーマにもなれます。賛同してくれる方も多いですね。 お客さんも滑り手が多いですか? そうですね。スノーボーダーやスキーヤー、あとはスキー場関係者も多いです。除雪のお仕事をしている人もいますね。雪で生計を立てている人ばかりですよ。 店内の作業台にステッカーを貼ってくださっていました! POW Retail Programを知ったきっかけは? ホームページを見ていて、団体の活動内容を見ていたときに、このプログラムのことを知りました。 このプログラムに参加いただいてから、お客さんとの会話の中で何か変化はありましたか? 「そのステッカーなんですか?」と聞かれて、POWの話をしたり、雪不足の話題から「こんな団体ありますよ」なんて感じでご案内出来ていますね。いい話が出来ていて、自分の中でも動けているなと感じています。きっかけも掴みやすいし、伝えれているって思います。 環境の話って、話題にするのにちょっと勇気がいりますもんね。 話しやすくなりますね。確かに。 お客さんの反応はどうですか? POWの事を知ってるっていう人も結構いますね。意外な人が団体の事を知っていたり、少なからずともみんな興味があるんですね。 「意外な人が関心を持っていた」って、どんな方ですか? 僕よりもかなり年上の方で、スキー場のパトロールをしている方です。かなり前からPOWの事を知っていたらしくて、本人も何か協力したいと思っていたみたいです。その方だけでもステッカーを10枚ぐらい買ってくれました。仲間に配りたいって言ってました。あとはステッカーを見て知ってる人も多いですね。何かのブランドだと思っていたみたいです。 普段の生活で二酸化炭素を出さないなど、何か心掛けていることってありますか? それが実際出来ていないんですよ。美容室をやっている上で、どれぐらいの環境影響があるか調べてみたりしたんですけど、何かを省いたら営業が難しくなってしまうものばかりで。それもあって、自分で何か出来ないかなと思い、プログラムに参加したところもあります。 雪が少ないことで、地域にインパクトはありますか? やはりお客さんが少なくなりますね。美容室自体も、客足はゆっくりです。やはり経済そのものが回らなくなるんですね。雪の影響がデカいなと感じます。生かされていたんだと、今年は強く感じました。 今後お店から発信していきたいことはありますか? 雪が無くなっちゃうかもしれないと、他人事みたいな感覚がある中で、もっと皆さんに危機感を持ってもらいたいところはありますね。 今日はありがとうございました。今後もよろしくお願いします。 「ありがとうございました!」 オーナーの堀口さん、Loyleの皆さま、お忙しいなかお時間をいただきありがとうございました! 全国各地に仲間が増えていく、そのきっかけを作ってくださるのが、このRetail Programに参加しているショップのみなさま。 ご協力にいただき本当にありがとうございます。